ダイエットピル 通販

MENU

ダイエットピルの通販先と購入方法!痩せ薬の効果とは?

ダイエットピルに頼りたいということは・・・

 

◯今までやってきたダイエットが上手く行かずに、何度も断念した。

 

◯市販のダイエットサプリでは痩せられなかった。

 

◯ダイエットに失敗して、以前よりもリバウンドしちゃった。

 

◯手っ取り早くダイエットできるんじゃないかと思った。

 

なんて感じじゃないでしょうか?^^;

 

ここでは、市販されていないダイエットピルの通販(個人輸入代理店)を利用した購入方法と、ダイエットピルの種類やその効果について説明しています。

 

 

 

食欲抑制系

 

痩せるために必要なことの中で、最も重要なのは摂取カロリーを抑えることですが、どうしても食欲を抑えられない方もおられますよね?

 

そんな時に持ってこいなのが「食欲抑制系」のダイエットピルになります。

 

 

 

吸収阻害系

 

食事から摂取した栄養素や油(脂)分に対し、必要以上のものを体内に吸収することを阻害したり、分解吸収を妨げる働きをしてくれ、余分なものは体外へ排出されるように促してくれます。

 

 

 

脂肪燃焼系

 

脂肪を燃焼する成分や、カロリーの消費を促してくれる成分が配合されているものや、体脂肪の減少、基礎代謝アップのための、筋肉生成に手をかしてくれる成分などを含むものもあります。

 

自身で運動をされている方や、スポーツクラブに通っていたりすると、相乗効果が得られて、より良いかもしれませんね。

 

 

 

セルライト改善系

 

セルライトは「むくみ」から・・・

 

カラダがむくみやすい人はセルライトに要注意です。

 

血行や新陳代謝促進、不用な脂肪を体外へ排出したり、燃焼するサポートをしてくれます。

 

 

 

宿便解消系

 

宿便や便秘はダイエットの天敵。

 

自然に排便がないような場合、下腹だけがぽっこり、、なんてこともあります。

 

腸内環境を整え、自然な排便を助けてくれる成分を含んでいるので、便秘によるダイエットの妨げを防いでくれます。

 

 

 

オキシレックス/サノレックス

 

他にも、日本製として販売されているオキシレックス・エスラインや、抗肥満薬のサノレックスなどもありますが、これらも同じように「食欲抑制剤」の部類に入るものでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ダイエット薬は本当に効く?痩せ薬の選び方!

ダイエットピルを飲むだけで、痩せると思われている方も居られるかもしれませんが、この手のダイエット薬も、市販のダイエットサプリと同じように、あくまで補助になります。

 

飲んだから痩せるのではなくて、「太りにくくなる為」といった方が正解かも知れませんね。

 

つまり、、

 

運動でダイエットを行う場合は、筋肉量を増やして日常的な基礎代謝をあげ、脂肪を燃焼することを目的としますから、余分な脂肪が燃焼されて痩せていきますよね。

 

置き換えなどのダイエットの場合も、結局は摂取カロリーを落としているので、ある程度痩せるのは当然。。

 

ダイエットピルも結局はこれらと同じで、、

 

食欲抑制系を飲めば、食欲が落ちて、摂取カロリーが抑えられて痩せていきますし、、

 

吸収阻害系なら、油分であったり、糖分、炭水化物などの栄養素の体内吸収率を、ある程度妨げてやることで痩せることを補助してくれます。

 

だから、ダイエットピルと言っても、飲めば痩せるっていうのは言い過ぎで、あくまでも痩せるお手伝いをしてくれるということです^^

 

 

 

例えば・・・

 

ダイエット目的で美容外科に行くと、肥満度によっては、こういったダイエットピルや漢方薬などを処方されることもあります。

 

その場合、良く使われるのが「ゼニカル」などの「食欲抑制」効果のあるピルだったり、炭水化物や糖質を吸収しにくくする「吸収阻害系」ピルだったりもします。

 

これらのピルをもちいる目的は、その対象者が太っている原因がそこにあるから・・・

 

食事を減らす必要があるからだったり、炭水化物を摂り過ぎているから、吸収率を抑える目的なのかもしれませんね。

 

こういったものも取り入れながら、普段の食生活改善や軽い運動などを加えたり、サロン独特のダイエットマッサージを併用して、痩せていくものもあります。

 

ダイエットは、ご自分が何故太っているのかを知ることから始まります、痩せ薬なども、その効果を選び、自分の置かれた状況に応じて選ぶ必要があるということです。

 

 

◯今、自分が太っている原因が、食生活(食欲)の場合、、
「食欲抑制系」のものを選ばれるといいでしょうし。。

 

 

◯食卓に脂っこいものや揚げ物がよく並ぶ場合は、、
「吸収阻害系」のものを選び、摂取した油分を体外へ排出する働きを持つものがいいでしょう。。

 

 

また、、

 

◯炭水化物(ゴハン、麺類)などを好んで食べられる場合、、
「吸収阻害系」でも炭水化物/糖質の吸収を阻害する系統のものを選ぶといいですよね。

 

 

さらに、さらに。。

 

◯甘いものがお好きな場合や、間食がやめられない場合などは、、
「食欲抑制・糖質系」や「吸収阻害・糖質系」などを選ぶといいですよね。


 

もうお分かりですね?

 

ダイエットピルだからって、どんなものでもいいってわけじゃありません^^

 

ご自分の、普段の食生活やライフスタイルに当てはめてから選ばれるといいと思いますよ〜!

 

⇒ ダイエットピルの効果と種類・自分に合ったものを選ぶには?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ダイエットピルの効果(役目)と副作用!

ダイエットピルは薬です。

 

中には、ダイエットサプリとして「米FDA」から認可を受けているものもありますが、厚生労働省で承認を受けた、一部のダイエットピル以外は、日本国内で未承認の成分が使われています。

 

これらは・・・

 

サプリメントと違い、薬としての効果を持っていますが「ダイエット薬」というわけではありません。

 

その効果を見れば判ると思いますが・・・

 

ダイエットピルは飲めばダイエットできるのではなく、薬の持つ効果特性を活かして「ダイエットに協力してもらう」と言った感じになります。

 

こんな感じ・・・^^

 

◯食欲抑制薬(剤)

 

ピルを飲むことで強制的に食欲を抑えるのが仕事です。

 

◯吸収阻害薬(剤)

 

配合された薬の効力ごとに、食事から摂取された栄養素の数十%程度を、体外へ排出するのが仕事です。

 

◯脂肪燃焼系

 

年齢とともに落ちてくる筋肉(筋力)と共に、基礎代謝も低下してきます。

 

運動を行わない状況下では、食事などから摂取された糖質や炭水化物は、どんどん脂肪として体内に蓄えられていきます。

 

こういった脂肪燃焼系ピル(サプリ)は、体内に蓄えられた脂肪燃焼を手助けしたり、余分なカロリー消費を助けるのが仕事です。

 

こういった仕事をこなしてくれることから、ダイエットピル(サプリ)と呼ばれているんですね^^

 

 

 

ダイエットピルの副作用って?

 

ここで気になるのが、ダイエットピルの副作用です。

 

薬である以上、副作用が無い訳ではありません。

 

ただ・・・

 

全てのダイエットピルに副作用があるわけではありませんし、使う側との相性や、体調などにも左右されるので、絶対にこういった症状が出る、とは言い切れませんけどね。

 

ここでは、副作用として多いものを少し書き綴っておきます。

 

食欲抑制剤に見られる副作用

 

●便秘

 

●口が渇く

 

●吐き気

 

吸収阻害剤に見られる副作用

 

●お腹の緩み(軟便)

 

●脂溶性ビタミン類の不足など

 

この辺りの副作用は、全てのダイエットピルに当てはまるものではなく、配合されている成分によるものなので、気になるようなら購入前にチェックしておくことをオススメします。

 

⇒ ダイエットピルの種類と効果・自分に合った選び方!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
更新履歴